golfdrivernavi

テーラーメイドSIM2 MAX-Dドライバー

テーラーメイドSIM2 MAX-Dドライバー 球がつかまりスライスしずらいドローバイアス

SIM2 MAX-Dドライバーの特長 テーラーメイドのSIM2 MAX-Dドライバーは、球がつかまりスライスしにくいのが特長です。 構えたときの見た目はSIM2シリーズでほぼ共通していますが、打ってみると明らかにドローボールが出やすい設計。 前作のSIMシリーズではつまかり度合いが控えめでしたが、SIM2 MAX-Dはドローバイアスがしっかりと感じるドライバーです。 SIM2の他の2モデルと比較すると、明らかに球をつかまえやすくて右へのスライスが出にくいので、スライサーは一度、試してみるといいでしょう。 ...

テーラーメイドSIM2ドライバー

テーラーメイドSIM2ドライバー 安定性がアップし振り抜きやすいから飛ばせる

テーラーメイドSIM2ドライバーの特長 テーラーメイドSIM2は、安定性がありしっかり振り抜きやすいのが特長です。 SIM2からまったく新しい構造になり安定感がアップしました。 SIM2シリーズのなかでは最も重心が浅めですが、低スピンすぎることもなく、振り抜きやすいドライバーです。 重心バランスが良くなり、結果的に飛距離アップにつながっています。 打感は前作のSIMよりも少し硬めで、ヘッドスピードが43m/s以上のハードヒッター向きです。 テーラーメイドSIM2ドライバーの動画はこちら   テー ...

キャロウェイEPIC SPEEDドライバー

キャロウェイ EPIC SPEEDドライバー 球をつかまえやすくてボール初速性能が高い!

キャロウェイEPIC SPEEDドライバーの特長 キャロウェイEPIC SPEEDは、球がつかまりボール初速の速さが特長です。 ハイバック気味でやや小ぶりなシェイプのヘッドで、ボール初速性能が高いドライバーです。 重心バランスが良く、ヘッドをターンさせて球をつかまえやすいのが特長です。 EPIC MAXよりもスピンは少なめで、ロースピンで飛ばせる、そして曲がらないクラブです。 キャロウェイEPIC SPEEDドライバーの動画はこちら   キャロウェイEPIC SPEEDドライバーがおすすめ・向い ...

タイトリストTSi3ドライバー

タイトリストTSi3ドライバー 左へのひっかけのミスをおさえる上級者向きモデル

タイトリストTSi3ドライバーの特長 タイトリストTSi3は、球つかまりを抑えて低弾道の球が打ちやすいのが特長です。 TSi2ドライバーと同様の弾きの良いフェースですが、こちらはフェードバイアスのモデルなので球のつかまりはあまり良くありません。 TSi2より小ぶりで操作性が良くて、打感も軟らかくてフェースにくっつく感じで上級者好みの仕様になっています。 弾道は低めの中強弾道で、ハードヒッターが叩いて飛ばせるドライバーですが、それなりに技量も求められます。 タイトリストTSi3ドライバーの動画はこちら &n ...

タイトリストTSi2ドライバー

タイトリストTSi2ドライバー 直進性が高く低スピンでハードヒッターが叩けるクラブ

タイトリストTSi2ドライバーの特長 タイトリストのTSi2ドライバーは、低スピンと直進性の高さが特長です。 タイトリストTSi2ドライバーは、フェース素材がTSiシリーズ共通のATi425に切り替わり、初速が出やすくなりました。 高慣性モーメントで直進性の高いモデルですが、それでいてスピンは少なめなのでハードヒッターが叩いていけるドライバーです。 低スピンと直進性を両立した稀有な特性をもつタイトリスト渾身の一本。 タイトリストTSi2ドライバーの動画はこちら   タイトリストTSi2ドライバー ...

ピンG425 LSTドライバー

ピンG425 LSTドライバー 低スピンでオープンフェイスのハードヒッター向き

ピンG425 LSTドライバーの特長 ピンG425 LSTドライバーは、低スピンで左のミスを気にせずしっかり叩けるのがが特長です。 G425シリーズの中では、一番すっきりしたシェイプのヘッドで、ややオープンフェースです。 前作のG410LSTよりは、すこしつかまりがよくなり、程良い低スピンで飛ばすタイプのドライバー。 ヘッド重量がかなり重めなのもあり、しっかり叩いて飛ばしたいパワーヒッターにおすすめです。 ピンG425 LSTドライバーの動画はこちら   ピンG425 LSTドライバーがおすすめ ...

ピンG425 MAXドライバー

ピンG425 MAX ドライバー ミスヒットの許容度が高くフェードで飛距離も期待

ピンG425 MAXドライバーの特長 ピンG425 MAXドライバーは、ミスの許容度が高いのが特長です。 ピンG425 MAXドライバーは、右にも左にもミスが出てしまうような打点がバラつくゴルファーにおすすめです。 多少の打点のズレならあまり曲がらずに飛ばせるドライバーで、前作のG410MAXよりも球のつかまりがよくなっています。 ピンG425 MAXドライバーの動画はこちら   ピンG425 MAXドライバーがおすすめ・向いてるゴルファー ピンG425 MAXドライバーがおすすめのゴルファー、 ...

ピンG425 SFTドライバー

ピンG425 SFTドライバー 球がつかまり高弾道ドローが打てる

ピンG425SFTドライバーの特長 ピンのG425SFTドライバーは、球がつかまり高弾道のドローが打ちやすいのが特長です。 歴代SFTのなかで一番球のつかまり良くて、まさにこれこそドローバイアス効果といった感じでドローが打てます。 先が動く軽量の標準シャフトともマッチして、高弾道のつかまった球が打てます。 スピンはやや多めですが、弾道が安定しているので、スコアにばらつきがあるならおすすめ。 SFTとは、ストレート・フライト・テクノロジーの略ですが、名前とは違って、持ち球がフェードの人が使うと、ストレートに ...

テーラーメイド SIM GLOIREドライバー

テーラーメイド SIM GLOIREドライバー つかまる、上がる日本専用モデルはアベレージの味方

SIM GLOIREドライバーの特長 テーラーメイド SIM GLOIRE(シムグローレ)ドライバーは、球がつかまり、上がりやすいのが特長です。 SIMシリーズのノウハウと球をつかまえて飛ばせるグローレの特性が融合したドライバーで、SIMシリーズの中では最も球をつかまえやすいのが特長で、ボール初速も早く性能はピカイチと定評があります。 シャフト次第で幅広いゴルファーが使えるのは、SIM GLOIREならではと言えるでしょう。 SIM GLOIREドライバーの動画はこちら   SIM GLOIRE ...

スリクソンZX7ドライバー

スリクソンZX7ドライバー 精悍なヘッドシェイプでドロー・フェードもロースピンで飛ばす

スリクソンZX7ドライバーの特長 スリクソンZX7ドライバーは、精悍なヘッドと打ち分け可能な操作性の高さが特長です。 ZX7ドライバーは、ヘッドのヒール側がシェイプされた洋ナシ型です。 ZX5ドライバーよりも操作性が高いのが特長で、ドローやフェードを打ち分けたいゴルファーにおすすめです。 純正シャフトが珍しく手元調子なので、ヘッドとシャフトの相乗効果でロースピンで飛ばせます。 しっかり振ればボール初速が上がるドライバーなので、ツアープレーヤーが好むのも納得です。 星野陸也、稲森佑貴、香妻陣一朗が使用してい ...

スリクソンZX5ドライバー

スリクソンZX5ドライバー 直進安定性が高く中弾道で飛ばす

スリクソンZX5ドライバードライバーの特長 スリクソンZX5ドライバーは、直進安定性が高く中弾道なのが特長です。 ヘッドが大きく感じず、小さすぎないZX5ドライバー。 フエースの見え方が良いので、スクエアに構えやすいのが特長です。 アスリート向けのヘッドに思われがちですが、直進安定性は意外にも高いので、スペックによっては中級者レベルでも十分に使えるドライバーです。 ヘッドスピードが40m/s以上であれば、純正シャフトの使用がおすすめです。 スリクソンZX5ドライバーの動画はこちら   スリクソン ...

テーラーメイドSIM2 MAX ドライバー

テーラーメイドSIM2 MAXドライバー さらにミスに強くなりほどよい高弾道

テーラーメイドSIM2 MAXドライバーの特長 テーラーメイドSIM2 MAX ドライバーは、ミスの許容度の高さが特長です。 ソール最後部のウエイトが慣性モーメントを高めていて、ミスの許容度を格段に上げています。 前作のSIM MAXドライバーよりも確実に寛容性がアップしていて、多少のミスヒットでも曲がりません。 スピン量が前作よりやや多めで、自然に打ち出しも高くなっている印象です。 テーラーメイドSIM2 MAXドライバーの動画はこちら   テーラーメイドSIM2 MAXドライバーがおすすめ・ ...

© 2022 メーカー・タイプ別 最新ドライバーナビ