タイトリストTS1ドライバー 柔らかい打感でやさしく飛ばせる

タイトリストTS1ドライバーの特長・向いてるゴルファー

タイトリストTS1ドライバー

 

タイトリストのTS1ドライバーは、やわらかい打感で飛ばせるのが特長です。

 

基本はスライスをなくしてまっすぐドライバーショットを打ちたい人、スライサー、ストレートかフェードが持ち球のゴルファーで、なるべく曲がりをおさえて、それでいて飛ばしたい人に向いています

タイトリストTS1ドライバーは、ミスヒットに強くて球がつかまりやすいドライバーです。

 

TS1ドライバーの動画はこちら

 

タイトリストTS1ドライバーがおすすめのゴルファー

タイトリストTS1ドライバーがおすすめのゴルファーを紹介します。

 

こんなゴルファーにおすすめ

  • 打感のやわらかいドライバーを打ちたいゴルファー
  • やさしく飛ばしたいゴルファー
  • 軽いドライバーを好むゴルファー
  • キャリーで飛ばしたいゴルファー

 

タイトリストTS1ドライバーの打感・飛距離・操作性・つかまり・ミス許容度

タイトリストTS1ドライバーの打感は柔らかめで、インパクトの音は中間的です。

 

インパクトパワーが大きく飛距離重視で、ボディターン派に向いているドライバーです。

球はあがりやすく中弾道から高弾道です。

 

また、タイトリストTS1ドライバーは比較的つかまりの良いドライバーなので、スライサーやフェードヒッター向きです。

ミスの許容度が高いので、芯を外してミスヒットしてもある程度は飛んでくれます

 

打感
柔らかい ☆☆☆☆ 硬い
打音
低い ☆☆☆☆ 高い
飛距離
低い ☆☆☆☆ 高い
操作性
低い ☆☆☆ 高い
球のあがりやすさ
低め ☆☆☆ 高め
スピン量
多め ☆☆☆ 少なめ
球のつかまり
つかまらない ☆☆☆
つかまる
ミス許容度
シビア ☆☆☆ 寛容

 

ココがポイント

タイトリストらしい柔らかい打感で、やさしく飛ばせるドライバー。

大型ヘッドながら軽量化を実現して、幅広いレベルのゴルファーに対応。

基本はつかまりのいい高弾道のストレートボールが打ちやすくて、ヘッドスピードが30台後半でも安定してキャリーで飛ばせます。

 

タイトリストTS1ドライバーの標準シャフト・カスタムシャフト

タイトリストTS1ドライバーの標準シャフトは、Titleist Diamana 50(R、SR、S)、Titleist Air Speeder(R2、R、SR)です。

また、標準シャフトでは物足りないという上級者のために、タイトリストTS1ドライバーにはカスタムシャフトにも対応しています。

タイトリストTS1ドライバーの試打レポ・口コミ・感想

タイトリストTS1ドライバーの試打口コミ、感想を紹介します。

40代・男性・ゴルフ歴12年

歴代のタイトリストのドライバーを打ってきましたが、TS1ドライバーはまったくの別物と言えます。

軽くてとにかく簡単に飛ばせるドライバーで、すこし力が落ちてきたシニアにもおすすめです。

逆に力のあるハードヒッターはシャフトの選び方を考えたほうがいいでしょう。

 

タイトリストTS1ドライバーの基本スペック

ヘッド素材:チタン

ヘッド体積:460cc

ロフト角:9.5、10.5、12.5度

シャフト:Titleist Diamana 50(R、SR、S)、Titleist Air Speeder(R2、R、SR)

長さ:45.75インチ

総重量:275g[Titleist Diamana 50・S]

バランス:D2.5[Titleist Diamana 50]

価格:72,000円+税

公式HP:タイトリスト

 

タイトリストTS1ドライバーの価格・値段

タイトリストTS1ドライバーの標準小売価格は、72,000円+税です。

 

しかし、実際にタイトリストTS1ドライバーが販売されている値段は、ヴィクトリアゴルフで50,399円からなので、この価格を基準にするといいでしょう。

※2020年7月13日現在。

 

ヴィクトリアゴルフなら送料無料!

 

タイトリストTS1ドライバー

 

楽天市場・Amazon・ヤフーでさがす

日本未発売モデルあり

US仕様をさがす

※ゴルフ通が使うドライバーがいっぱい

タイトリストTS1ドライバーの中古相場・価格

タイトリストTS1ドライバーの中古価格・相場は、3万円台前半から選べます。

※2020年7月13日現在。

 

お得な価格で手に入れるチャンス!

TS1ドライバーの中古をさがす

※新品同様が狙い目

 

 

© 2020 メーカー・タイプ別 最新ドライバーナビ