テーラーメイドM5ドライバー 振りやすいツアーモデルは柔らかめの打感で飛距離アップ!

テーラーメイドM5ドライバーの特長・向いてるゴルファー

テーラーメイドM5ドライバー

 

テーラーメイドのM5ドライバーは、微調整が可能なウェイトシステムが特長です。

 

基本はストレートかドローが持ち球のゴルファーで、なるべく曲がりをおさえてストレートで飛ばしたい人に向いています

テーラーメイドM5ドライバーは、適度に直進性があって、つかまり過ぎないドライバーです。

それでいてミスヒットに強い、いいとこ取りのドライバーとも言えます。

 

M5ドライバーの動画はこちら

 

テーラーメイドM5ドライバーの打感・飛距離・操作性・つかまり・ミス許容度

M5ドライバーの打感はやや柔らかめで、インパクトの音は高めです。

 

操作性が高いわりに、飛距離性能も高いので、ボディターン、リストを使ったどちらのスイングにも対応するドライバーです。

球はそれほどあがりやすいわけではなく、弾道はやや低めです。

 

また、M5ドライバーは基本はそれほどつかまりがいいドライバーではないので、左を嫌がるフッカー向きです。

ミスの許容度が高いので、芯を外してミスヒットしてもある程度は飛んでくれます

それでいて操作性は高いので球を打ち上分けたい上級者でも使えます

 

打感
柔らかい ☆☆☆ 硬い
打音
低い ☆☆☆ 高い
操作性/飛距離
操作性 ☆☆☆☆ 飛距離
球のあがりやすさ
低め ☆☆☆☆ 高め
スピン量
多め ☆☆☆
少なめ
球のつかまり
つかまらない ☆☆☆
つかまる
ミス許容度
シビア ☆☆☆ 寛容

 

ココがポイント

フェースの反発性能を最大限に引き出す独自の製法を導入。

前作のM3ドライバーではY字形だったウェイト調整部分がT字形になった。

トウ・ヒール方向への弾道調整力の幅が広くなった。

M5ドライバーは、最初にルール上限を超える高反発にしてヘッドを製造。

そこからフェース下部にある二つの穴(ポート)に1個ずつ最適量のレジン素材を注入して、すべてのヘッドをルール内の反発係数に戻している(スピードインジェクション製法)。

すごいのは、すべての個体差がないことで、プロもアマチュアもおなじヘッドで同じように飛距離が出せること。

 

テーラーメイドのM5ドライバーは、アスリート向けと思われがちですが、ヘッドの重量や重心設計が絶妙なバランスで最適化されているおかげで、じつはミスに強い設計になっています。

ロフトの可変機能も搭載しています。

高弾道の飛距離性能がいいのはもちろん、スムーズに振り切れるので、想像以上にやさしいドライバーになっています。

心地よい振り心地で、しっかり振り切れることで、左右の曲がりも少なくなります。

M5ドライバーは、ツアーモデルとは思えない振りやすいモデルです。

 

また、M5ドライバーの打感は、M3、M4が弾き系だったのに対して、すこしマイルドでフェースにくっつく感じでインパクトするタイプ。

 

テーラーメイドM5ドライバーの標準シャフト・カスタムシャフト

テーラーメイドM5ドライバーの標準シャフトは、KUROKAGE TM5 2019です。

 

また、標準シャフトでは物足りないという上級者のために、M5ドライバーはカスタムシャフトが用意されています。

M5ドライバーのカスタムシャフトは、グラファイトデザインのツアーAD VR-6、フジクラのスピーダーエボリューションV、三菱ケミカルのディアマナDF60です。

いずれもしっかりしたシャフトなので、M5ドライバーと組み合わせれば上級者も満足できるスペックになります!

 

テーラーメイドM5ドライバーの試打レポ・口コミ・感想

M5ドライバーの試打レポート、口コミを紹介します。

 

30台・男性・ヘッドスピード48m/s

M5ドライバーは操作性が高い印象。

トウ側ヒットに強いのは、ツイストフェースの効果でしょう。

M3よりさらにトウ側ヒットに強くなった印象で、ミスヒットにも強い。

さらにドロー、フェードの打ち分けがイメージどおりに打ちやすくなっている。

 

40台・男性・ヘッドスピード43m/s

M5ドライバーはパワーヒッター向けの印象だが、実際はそんなに頑張って打たなくても自然にヘッドが返ってくれる。

想像以上に楽にナイスショットが打てる。

完成度が高いドライバーだと思う。

 

テーラーメイドM5ドライバーの基本スペック

ヘッド体積:460cc

ロフト:9、10.5(可変)

重量:308g(クロカゲTM5 2019 S)

長さ:45.75インチ(クロカゲTM5 2019 S)、45.25インチ(カスタムシャフト)

ライ角:58度

フェース素材:6-4チタン

本体素材:911チタン+グラファイトコンポジットクラウン&ソール

標準シャフト:KUROKAGE TM5 2019(SR、S)

カスタムシャフト:グラファイトデザイン ツアーAD VR-6、フジクラ スピーダーエボリューションV、三菱ケミカル ディアマナDF60

価格:標準シャフト7万8000円+税、カスタムシャフト9万5000円+税

公式HP:テーラーメイドゴルフ

 

テーラーメイドM5ドライバーの価格・値段

テーラーメイドM5ドライバーの標準小売価格は、標準シャフトは7万8000円+税、カスタムシャフトは9万5000円+税です。

 

しかし、実際にM5ドライバーが販売されている値段は、有賀園ゴルフで標準シャフトが75,816円からなので、この価格を基準にするといいでしょう。

※2019年2月14日現在。

 

有賀園ではキャンペーンセール中なのでおすすめです!

 

テーラーメイドM5ドライバー

楽天市場・Amazon・ヤフーでさがす

 

日本未発売モデルあり

テーラーメイドドライバーUS仕様をさがす

※ゴルフ通が使うドライバーがいっぱい

テーラーメイドM5ドライバーの中古相場・価格

テーラーメイドM5ドライバーの中古価格・相場は、23,000円台から選べます。

※2019年9月27日現在。

 

お得な価格で手に入れるチャンス!

テーラーメイドM5ドライバーの中古をさがす

※新品同様が狙い目

 

 

© 2020 メーカー・タイプ別 最新ドライバーナビ