ピンG425 SFTドライバー 球がつかまり高弾道ドローが打てる

ピンG425SFTドライバーの特長

ピンG425 SFTドライバー

ピンのG425SFTドライバーは、球がつかまり高弾道のドローが打ちやすいのが特長です。

歴代SFTのなかで一番球のつかまり良くて、まさにこれこそドローバイアス効果といった感じでドローが打てます。

先が動く軽量の標準シャフトともマッチして、高弾道のつかまった球が打てます。

スピンはやや多めですが、弾道が安定しているので、スコアにばらつきがあるならおすすめ。

SFTとは、ストレート・フライト・テクノロジーの略ですが、名前とは違って、持ち球がフェードの人が使うと、ストレートに近い球筋になります。

つかまりがいいので、フッカーには向きません。

ピンG425SFTドライバーの動画はこちら

 

ピンG425SFTドライバーがおすすめ・向いてるゴルファー

ピンG425SFTドライバーがおすすめのゴルファー、向いているゴルファーは、スライサー、ドローが打ちたいゴルファーです。

 

こんなゴルファーにおすすめ

  • スライサーで右に大きく曲がるゴルファー
  • 持ち玉がフェードでストレートにしたい
  • ゴルファー球があがらないゴルフ女子

 

ピンG425SFTドライバーの飛距離・つかまり・弾道の高さ

ピンG425SFTドライバーは飛距離性能は標準的、球のつかまりは良い方です。

球はあがりやすく高弾道です。

 

飛距離性能
低い ☆☆☆☆ 高い
球のつかまり
つかまらない ☆☆☆
つかまる
弾道・球のあがりやすさ
低め ☆☆☆ 高め

 

ピンG425SFTドライバーの試打レポ・口コミ・感想

ピンG425SFTドライバーを試打した口コミ、感想を紹介します。

 

40代・男性・ゴルフ歴5年

スライスがひどかったので、思い切ってSFTにしてみました。

想像以上につかまりがよくて、すっかりドローヒッターに変貌!

力を入れすぎるとひっかかるくらいです。

 

ピンG425SFTドライバーの基本スペック

素材:フェース/T9S+チタン、ボディ/8-1-1 チタン
ロフト角:10.5度
ライ角:59.5度
ヘッド体積:460 cc
長さ:45.25インチ、45.75、46インチ
シャフト:ALTA J CB SLATE(R、SR、S、X)、PING TOUR173-55(SR、S)、PING TOUR173-65(R、S、X)PING TOUR173-75(R、S、X)、ALTADISTANZA、SpeederEVOLUTION VII(569S)、TENSEI CKPro Orange(60S)、TENSEI Pro White 1K(60S)
クラブ重量:ALTA J CB SLATE(S) 約302g
価格:¥70,000+税~
公式HP:https://clubping.jp/product/product2020_g425_d.html

 

ピンG425SFTドライバーの価格・値段

ピンG425SFTドライバーの標準小売価格は、70,000円+税からです。

しかし、実際に販売されている値段は、ヴィクトリアゴルフで63,800円からなので、この価格を基準にするといいでしょう。

※2021/03/19現在。

 

ヴィクトリアゴルフなら送料無料!

 

ピンG425SFTドライバー

 

楽天市場・Amazon・ヤフーでさがす

日本未発売モデルあり

US仕様をさがす

※ゴルフ通が使うドライバーがいっぱい

 

ピンG425SFTドライバーの中古相場・価格

ピンG425SFTドライバーの中古価格・相場は、40,000円台前半から選べます。

※2021/03/19現在。

 

お得な価格で手に入れるチャンス!

ピンG425SFTドライバーの中古をさがす

※新品同様が狙い目

 

© 2021 メーカー・タイプ別 最新ドライバーナビ