キャロウェイエピックフラッシュドライバー ほどよいつかまりと直進性の高さで飛ばす!

エピックフラッシュドライバーの特長・向いてるゴルファー

エピックフラッシュドライバー

 

キャロウェイのエピックフラッシュドライバーは、ニュートラルなつかまりと中高弾道で、直進性が高く、曲がりの少ないストレートボールを打ちやすいのが特長です。

AIがフェースのデザインをしたことでも話題のエピックフラッシュシリーズのなかで、エピックフラッシュは中間的な存在で、スターよりもつかまりすぎず、サブゼロよりも球がつかまるドライバーです。

ミスヒット、とくにヒールヒットに強いものの、初心者やスライサーだとやや難しいかもしれません。

エピックフラッシュスターやサブゼロと同様、フェースの反発性がとてもよく、力強いインパクトが期待できます。

また、ボール初速が速いだけでなく、風の影響が少ない強い打球が打てます。
前作に比べてスピン量が抑えられていて、高弾道で低スピンの棒球で飛んでいきます

 

基本はストレートでしっかり飛ばしていきたい中級者が使うと威力を発揮します。

また、エピックフラッシュドライバーはスターほどではないものの、ミスヒットに強いドライバーです。

 

エピックフラッシュドライバーの動画はこちら

 

ソール後方にキャロウェイ独自のペリメーター・ウェイティングを搭載していて、約16gのウェイトをレールに沿ってスライドさせてドローやフェードなど弾道調整が可能です。

エピックフラッシュスターとサブゼロはともにウェイトが12gなので、エピックフラッシュドライバーがもっとも慣性モーメントが高めということになり、直進性の高さが期待できます。

エピックフラッシュスターとの一番の違いは、アジャスタブルホーゼルが備わっていることで、きめ細かな弾道のカスタマイズが可能な点です。

それでいてサブゼロほどマニュアルな操作性ではないので、ある程度、オートマチックに打てるのが特長です。

 

エピックフラッシュドライバーの打感・飛距離・操作性・つかまり・ミス許容度

エピックフラッシュドライバーの打感はやや硬めで、インパクトの音はやや高めです。

 

インパクトパワーが大きく飛距離重視で、ボディターン派に向いているドライバーです。

球はあがりやすく弾道は高めです。

 

また、エピックフラッシュドライバーはつかまりの良いドライバーなので、スライサー向きです。

ミスの許容度が高いので、芯を外してミスヒットしてもある程度は飛んでくれます

 

打感
柔らかい ☆☆☆ 硬い
打音
低い ☆☆☆ 高い
操作性/飛距離
操作性 ☆☆☆ 飛距離
球のあがりやすさ
低め ☆☆☆ 高め
スピン量
多め ☆☆☆ 少なめ
球のつかまり
つかまらない ☆☆☆ つかまる
ミス許容度
シビア ☆☆☆☆ 寛容

 

ココがポイント

AIとスーパーコンピュータが開発したフェースは、通常だと約34年もかかる開発工程(15,000回)のバーチャルプロトタイプの検証の結果で誕生

センター部分から外周部分にかけて薄い、厚い、また薄い、厚いという肉厚構造。

キャロウェイゴルフ開発部門ジム・セルーガはイメージとして、二重のトランポリンになっていることで、より跳ね上がる力がアップしている感じ。

左右非対称で波打つ独特な凹凸を持つフラッシュフェースがボール初速を最大化し、たわみ、反発性、耐久性にも優れる。

595°Cで熱処理した鍛造フェースは反発性がよく耐久性も高い。

ヘッド重量はシリーズ最軽量で、さらにスピーディに振れるクラブに進化。

 

エピックフラッシュドライバーの標準シャフト・カスタムシャフト

エピックフラッシュドライバーの標準シャフトは、Speeder EVOLUTION for CWです。

エピックフラッシュスターやサブゼロにはラインアップされているカスタム対応シャフトは、エピックフラッシュドライバーにはありません。

標準シャフト以外でエピックフラッシュドライバーで組むには、オプションのカスタムシャフトを選ぶことになります。

 

エピックフラッシュドライバーの試打レポ・口コミ・感想

エピックフラッシュドライバーを試打してきたので、口コミ、感想を紹介します。

 

40台・男性・ゴルフ歴10年

インパクトがしっかりしていてまっすぐストレートに伸びていく印象。

ペリメーターがあるのでフェードやドローの球筋の調整ができるが、エピックフラッシュスターに比べると直進性が高いような気がする。

ストレートに飛ばしたいので、バッチリです!

 

30台・男性・ヘッドスピード43m/s

エピックフラッシュスターはつかまりすぎたんですが、限定のエピックフラッシュドライバーは左にひっかけなくて、ほどよくつかまります。

打球はそこそこ高くて、飛距離をかせげる感じ

スライサーはスターのほうがよいでしょうね。

 

エピックフラッシュドライバーの基本スペック

ヘッド体積:460cc

ロフト:9.0、10.5(可変)

ライ角:59.5度

重量:300g(Speeder EVOLUTION for CW R)

長さ:45.25インチ

ライ角:58.0度

フェース素材:鍛造6-4チタン

本体素材:8-1-1 チタンボディ+トライアクシャル・カーボンクラウン+ペリメーターウェイト約16g

標準シャフト:Speeder EVOLUTION for CW(R、SR、S)

価格:標準シャフト7万7000円+税

公式HP:キャロウェイ

エピックフラッシュドライバーの価格・値段

エピックフラッシュドライバーの標準小売価格は、77,000円+税です。

しかし、実際にエピックフラッシュドライバーが販売されている値段は、有賀園ゴルフで58,212円からなので、この価格を基準にするといいでしょう。

※2019年4月8日現在。

 

有賀園ゴルフでは合わなかったら90%ポイント保証なので安心

 

エピックフラッシュドライバー(限定モデル)

楽天市場・Amazon・ヤフーでさがす

 

日本未発売モデルあり

US仕様をさがす

※ゴルフ通が使うドライバーがいっぱい

エピックフラッシュドライバーの中古相場・価格

エピックフラッシュドライバーの中古価格・相場は、40,000円台から選べます。

※2019年9月27日現在。

 

お得な価格で手に入れるチャンス!

エピックフラッシュドライバーの中古をさがす

※新品同様が狙い目

 

 

© 2020 メーカー・タイプ別 最新ドライバーナビ