ピンG410PLUSドライバー ミスヒットの強さに操作性と振りやすさをプラス

ピンG410PLUSドライバーの特長・向いてるゴルファー

 

ピンのG410プラスドライバーは、曲がらず球が適度につかまるのが特長です。

曲がりが少ないオートマチック系ドライバーの代表的なモデルで、前作のG400とG400MAXの良さを引き継ぎつつ、移動式のウェイトで弾道調整が可能です。

G410PLUSドライバーは、ヘッドに重量感があってミスヒットに対する強さもありつつ、操作性と振り抜きのよさが大幅にアップしています。

G410プラスはパワーフェードを打つのに適しているのは確かですが、それだけではなく幅広いレベルのゴルファーが力強いストレートボールで飛ばせるドライバーと言えるでしょう。

ヘッドの直進性が高いのでフェースローテーションが少ない人向きになります。

 

あえて言うなら、基本はフェードが持ち球のゴルファーで、パワーフェードを打ちたい人に向いています

G410プラスドライバーは、ミスヒットに強くて球が適度につかまるドライバーです。

 

G410プラスドライバーの動画はこちら

 

ピンG410PLUSドライバーの打感・飛距離・操作性・つかまり・ミス許容度

ピンG410プラスドライバーの打感は硬めで、インパクトの音はピンらしくやや高めです。

 

インパクトパワーが大きく飛距離重視で、ボディターン派に向いているドライバーです。

球はそれほど上がりやすいわけではなく、弾道は中間です。

 

また、ピンG410プラスドライバーはそれほどつかまりの良いドライバーではないので、どちらかといえばフッカー向きです。

それでいてミスの許容度が高いので、芯を外してミスヒットしてもある程度は飛んでくれます

 

打感
柔らかい ☆☆☆☆ 硬い
打音
低い ☆☆☆ 高い
操作性/飛距離
操作性 ☆☆☆ 飛距離
球のあがりやすさ
低め ☆☆☆ 高め
スピン量
多め ☆☆☆☆
少なめ
球のつかまり
つかまらない ☆☆☆ つかまる
ミス許容度
シビア ☆☆☆☆ 寛容

 

ココがポイント

大きすぎずミスヒットに強いヘッドの大きさ。

慣性モーメントが高く直進性は抜群に高い。

ウェイト移動式の調整機能で好みの弾道にセッティングが可能。

アマチュアゴルファーのみならず、プロにも人気のピンのG400シリーズは、ヘッドに重量感があってオートマチックなクラブというイメージです。

もちろんG410PLUSドライバーもミスヒットに対する強さはそのままに、操作性と振り抜きのよさが大幅にアップしています。

そのため、G410プラスはパワーヒッターだけでなく、幅広いレベルのゴルファーが力強いストレートボールで飛ばせるドライバーとなっています。

前作のG400の良いところはそのまま継承してますが、G410は機能性がアップしています。

ヘッドの体積はG400が445ccで、ひと回り大きくしたのがG400MAXで460cc。
今回のG410は、G400MAXよりひと回りヘッドが小さい455ccで、G400の振りやすさとG400MAXのミスに対する強さを両立したドライバーと言えるでしょう。

さらにG410プラスドライバーの特徴として、ウェイト可変式の調整機能がついていることです。

もともと直進性が高いので、球筋を大きく変えるためのウェイトではなく、自分が気持ちよく振れるポジションを設定するためのものだと考えて、安定して飛ばすセッティングを調整できます。

 

ピンG410PLUSドライバーの標準シャフト・カスタムシャフト

G410プラスドライバーの標準シャフトは、ALTA J CB RED(R、SR、S、X)、ALTA DISTANZA(ワンフレックス)、ピンツアー173-65(R、S、X)、ピンツアー173-75(R、S、X)の4つです。

 

また、標準シャフトでは物足りないという上級者のために、G410プラスドライバーは2つのカスタムシャフトが用意されています。

G410プラスドライバーのカスタムシャフトは、テンセイCKプロオレンジ(60S、70S)、スピーダーエボリューションV(569S、661S)です。

特にテンセイCKプロオレンジは、USPGAツアーでも注目のシャフトです。

また、カスタムシャフトでも重量が選べるようになったのもポイントです。

いずれもしっかりしたシャフトなので、G410プラスドライバーと組み合わせれば上級者も満足できるスペックになります!

 

ピンG410PLUSドライバーの試打レポ・口コミ・感想

G410プラスドライバーの口コミ、感想を紹介します。

 

40台・男性・ゴルフ歴15年・ヘッドスピード45m/s程度

ターゲットに向けて構えやすい印象で、上級者好みのパワーフェードが打ちやすい

ヘッドに重量感があってクラブ全体の重みで飛ばせるタイプ。

フェースがストレートなので、ある程度ヘッドスピードのある人がパワーフェードを打ちたいならおすすめです!

 

40台・男性・ゴルフ歴10年・ヘッドスピード40m/s程度

顔がストレートに見えて、球がつかまらない印象。

ヘッドは重めで、ちょっと頑張らないとしっかり打てないイメージ。

 

ピンG410PLUSドライバーの基本スペック

ヘッド体積:455cc

ロフト:9、10.5、12度(可変)

重量:293g(ALTA J CB RED R)

長さ:45.75インチ

ライ角:59.5度

フェース素材:フォージドT9S+チタン

本体素材:811チタン

標準シャフト:ALTA J CB RED(R、SR、S、X)、ALTA DISTANZA(ワンフレックス)、ピンツアー173-65(R、S、X)、ピンツアー173-75(R、S、X)

カスタムシャフト:テンセイCKプロオレンジ(60S、70S)、スピーダーエボリューションV(569S、661S)

価格:標準シャフト6万9000円+税、カスタムシャフト8万1000円+税(スピーダーエボリューションV)、8万4000円+税(テンセイCKプロオレンジ)

公式HP:ピンゴルフ

ピンG410プラスドライバーの価格・値段

ピンG410プラスドライバーの標準小売価格は、標準シャフトが6万9000円+税、カスタムシャフトが8万1000円+税(スピーダーエボリューションV)、8万4000円+税(テンセイCKプロオレンジ)です。

 

しかし、実際にG410プラスドライバーが販売されている値段は、有賀園ゴルフで標準シャフトが59,616円からなので、この価格を基準にするといいでしょう。

※2019年2月25日現在。

 

有賀園ではキャンペーン中でお得にゲットできるチャンスです!

 

ピンG410プラスドライバー

楽天市場・Amazon・ヤフーでさがす

 

日本未発売モデルあり

US仕様をさがす

※ゴルフ通が使うドライバーがいっぱい

ピンG410プラスドライバーの中古相場・価格

ピンG410プラスドライバーの中古価格・相場は、47,000円台から選べます。

※2019年9月27日現在。

 

お得な価格で手に入れるチャンス!

ピンG410プラスドライバーの中古をさがす

※新品同様が狙い目

 

 

© 2020 メーカー・タイプ別 最新ドライバーナビ